情操教育‪α‬

わたしのこと好きな人だけが読んでいい日記帳

2021-06-24から1日間の記事一覧

0619

学校に忘れた傘を回収しに行った。その間は雨に降られ、そうすると雨粒と皮膚の境界を意識し、体の熱を感じた。 カランコエの花、あの脅威の世界のざわめき、その中でお守りのようにかがやく赤い髪飾りのこと。 チョコレートドーナツは、なんど観ても新鮮に…

0618

かろうじて1限に出た。早起きしてやろうとしていたことがたくさんあったけど、それが可能な感じではなかったし、好きな同期から電話がかかってきて、ベッドの中で2時間以上しゃべって午前中が終わりになってしまったので、そういう感じの日にすることにした…

0617

早起きして、だいすきな友達と朝ごはんを食べてから授業に行った。にわか雨に降られて買った傘が結局5分しか役に立たなくて、日常というのはそういうもの。ビニ傘を買うとき、ひとりだったら絶対に、ちょっとくらい高くてもいちばん最初に目についたやつを買…

0616

7時半に起きたら、今朝の猫の動画が送られてきた、早起きしてよかったとひさびさに思ったこと。朝ごはんを作ったり洗濯をしたりピアノを弾いたりしてから家を出られて、伴奏の合わせも午前中にはしたし、共同制作課題の打ち合わせもして、対面授業にちゃんと…

0615

15分寝るつもりが、5時間とか寝てしまった。たくさん先行作品整理して、わりと進捗はあったほうなのにゼミ出れなかった。悔しい。 今日も少し進めたけど、こういうふうに迂回して理詰めで頭だけで考えていたってどうしようもないし、手を動かさなきゃいけな…

0614

なんにも面白くない、最近はすべてに対してのモチベーションが皆無。なにもする気が起こらない。他の人もそうっぽいから、そういう時期なのかもしれない。 もしくは生理前だから?生理周期が40日とかなの本当にイカれている、でも肌の調子がわるいし、食べ物…

0613

父が仕事の関係で明治座の演劇チケットをもらってきたので、父と弟と行くことになった。最近は常々「演劇を見たい」の気持ちが高まっていたから、どんなものであれ嬉しい。 人形町は、浅草になりきれていない街、みたいな雰囲気で妙だった。おいしいものはた…

0612

からからの喉とか痺れた腕で目が覚めた。どんな場所でもそこそこ寝れるのも、飲む量がわかってきていてさほど翌日に響かないのも、人の家だと気が引き締まってさっさか動けるのも、ぜんぶ自分を褒めた。 泊まりをするとき、風呂に入るだけで翌日のQOLが全然…

0611

1限の1時間も前に起きられた。ひさびさに補給の感じの朝ごはんをたべる。 授業だけまじめに出て、また布団にもどる。 川上未映子さんの短編を読む。語彙の領域が似ているのか、文章の繋ぎ方に慣れ親しみがあるからか、スイスイ読み進められる。 午後、待ち合…

0610

結局、一緒に夜明けから昼まで寝た。授業はちょっと諦めて、午後までの課題の提出期限は守った。あっという間に1日終わる。冷蔵庫がほとんど空で、なにも食べる気にならない。パンだけはあるのに、パンのことを信じてないからパンを買ってもいつもパンを余…

0609

ちゃんとしようと思っていたし、朝からきちんとメイクも着替えもしたのに、昼食後に抗えない眠気がやってきて、寝転んでメイクも髪も崩れたし、頭痛もきて結局対面授業に行くのをやめちゃって色々うまくいかなかった。 勿体なさの感情だけでとりあえず家を出…

0608

ミーティングをして、対面のゼミに出た。対面は良かった。ゼミのあとにメンバー全員で集まってそれぞれに話をして、アフターの時間をやって、どちらかというとそこで得ることの方が多くあり、最後には同期たちとサイゼに行った。することがなかったし、やけ…

0607

夏日だった。 ひさびさに会った先輩と立ち話していたら授業に遅刻したけど、遅刻しないことよりも話ができたことのほうが絶対によかった。 授業でアクションの振りを考える人がきて、ワークショップをやった。この前みた映画を思い出す。 とりあえず教わった…

0606

概ね猫とゆっくり過ごしておしまいになった。 テスト期間中の弟が「受験のための勉強もテストのための暗記も本当の勉強じゃない、数学の証明を考えているときのような種類の思考こそが本当の勉強だ」みたいなことを言い始めて、自分の高校時代とまったく同じ…

0605

ミーティングがあったので早起きした。実家には下着も寝間着も服も適当なものしかない。 実家はやけに静かだった。昼は鳥の声、夜は蛙の声だけが主に聞こえて、空気がしっとりしていて、ゆたかに土と葉のにおいがして、やけに景観がひらけていて、見渡す限り…

0604

1限の始まるより1時間は早く起きて支度をするはずだったけど、結局覚醒したまま横になっている時間が長かったせいで、授業に出ながらがっつり支度しなくちゃいけなかった。湿気で髪がまとまらないのに、途中でMaxパッチをいじったりするから全然進まない。で…

0603

朝、カーテンを閉めっぱなしにしているとそれだけでいけない。今日は起きた時比較的からだがあったかくて、養命酒のおかげなのかさっぱりしていて、とにかくカーテンと窓を開けて朝の光を浴びながら水を飲むことに成功した。顔を洗ってメイクを半分くらいし…

0602

7時間眠っているのに頭が重たい。気に掛かることがあっても、抱えきれない、こぼれおちてしまう、おいつかない、手放してしまう、そういう感覚がある。 朝と呼べる時間に久々に起きて、たっぷり朝食をとったり、昼の料理番組をみたりして、生活を回していく…

0601

生活の帳尻を合わせる。 5月の後半〜6月にかけて会う予定だった人々が、就活、出願、通院などでことごとく延期になっている、わたしもがんばらなくちゃいけないな6月! 前のゼミでは、それなりに自分が音楽を論じることについて、こだわりや思うところがあ…